読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電池ブログとはなんだったのか

COJ界、コードギアス界、山梨の星、GN電池さんが

近々海外へ高飛びするらしい、という話はこのブログを見てる人ならもうみんな知っていると思う。

 

今後どうなるのか

そして彼の後継者には何が求められるのか

このへんを語りたいと思う

 

ヒッキーさんのブログ見たほうが電池さんのひととなりはわかるだろうし(リンク参照)、(今回も)ぼくの自己満記事です。珍獣オナニーできないからここでオナニーしますわ

チラシの裏 こちらはCOJ山梨支部神奈川支部です

 

・電池ブログとは

「「圧倒的な文章量でDOB更新を分析するエージェント。
更新日の昼までにはほぼ全カードの順位変動を長編記事にまとめてくる。
カードのpt変動の解説についてはブログをしている他のエージェントまでもが
「詳しくはCOJ山梨支部まで」と丸投げするほどの信頼感がある。
本人は嬉しいのだが万が一のことが発生して必ず更新できるとは限らないと語っている。」」
wikiより引用)

 

COJブログのなかで文章量、情報量共にトップクラス、DOB関連がだいたい分かる

これが彼のブログの大体のイメージ

 

でもDOB情報や過去のデッキレシピ紹介だけじゃないのが彼の魅力

独特の文章から読むと「Jの環境がわかった」気分になれるのが最高だと思う

読んで気分が良くなるし調子に乗って語れる知識がちょっとつくのも強い

ラボ開かなくてもデッキづくりの参考にできる情報が盛りだくさんで大好きでした。

 

 

彼がいなくなったあと、DOB更新当日はどうなるのか。この形式のブログを誰かが引き継ぐのか、というのが一部で話題に上がった。

 

ひそかに、もしくは堂々と引き継ぎたい人はどうしたら第二の電池になれるのか?

 

 

 

 

たぶん、大事なのは

チャレンジ精神

なんだろうなーとおもいます

 

 

電池さんがやってきたことはいつも革新的だった。

 

・つばくるをキャスで翻訳、説得する

 

・k井さんとの有名な問答(ハンデスを今よりも弱くするとそれこそコンボ系が止まらなくなる。そしてその状況があんたにとって都合がいいだけだ )

・キリンすまっしゅ✩を殴る、蹴る

 

(っていうのが僕の中での電池さんの思い出)

 

こういう姿勢を見習うことが真の後継者といえるのではないか?

 

 

 

決してブログでストラグラーとかの4pt-1ptループを”ま た お 前 ら か”とか書いたり

 

昆虫にポイント付いたら”ム シ キ ン グ 開 幕”

 

みたいな文章を真似することでもないのは確かだ。

 

 

とりあえず僕はいつオファーが来てもいいように作文の練習しておきます

 

 

 

*この記事はヒッキーさんと違って事前に電池さんの許可を取っていないので、彼の気分を害した場合修正がかかる場合があります。